新入社員がいきなり社長
~プレリンピック~
1日社長 アプライドのトリビア!

アプライドと言えばこれ!プレリンピック&一日社長

 

アプライドを紹介する上で外せないユニーク制度が1日社長!

社会人としての生活や配属先の土地柄に馴染んでくる9月にプレリンピックという新入社員を「営業の主役」にする為の大会が開催されます。同期全員がよきライバルとなり、初めて「個人実績」に執着する期間です。

プレリンピックでは新入社員のみならず、店舗全体が団結しプレリンピックの動向に注目します。優勝者には「1日社長」の栄誉が与えられます。

実は、この制度 アプライドのトリビアの一つ 今では他社が取り入れるまでになった有名な制度も、17年前の新入社員が発した一言から始まった制度です。

「1日社長」とは、社長として本社へ出勤し、社長業務を経験してもらうものです。経営トップの考え方を直接聞くことができるこの機会は新入社員の将来の成長に深く影響しています。プレリンピックの開催と合わせて大きな成長スパイラルを生み出します。

いよいよスタート、プレリンピック!!!

プレリンピックで競い合うのは、単純な売上ではありません。
店舗統括営業部の方針に沿った重点案内項目をしっかり獲得できた人ほど、大きな得点をあげることができるようになっています。ただがむしゃらに販売をするのではなく、会社として伸ばしていきたい項目、営業力を向上させていく上で重要な項目をしっかり意識することで、新人ひとりひとりが、より大きな成長を遂げていきます。
プレリンピック期間中はライバル同士切磋琢磨し、それぞれが自分の成功体験を惜しみなく教え合い、高みを目指す姿が毎年見られます。このプレリンピックでの経験があるから、アプライドでは全員で協力して目標をやり遂げるというスタイルが確立しているのです。
店舗全体が団結しプレリンピックの動向に注目します。優勝者には「1日社長」の栄誉が与えられます。

 

今年は何とお母様も本社にご来訪頂きました。記念にパシャリ!

インタビューを受ける1日社長の鶴田さん 自信に溢れていい顔してます

1日社長スケジュール

【1日目】

10:40 博多駅にお迎え

11:00 博多店視察及び販売

12:30 昼食

14:00 各部署・各店視察

15:30 田邊副店長と対談

17:00  会食

19:00 ホテルへ

【2日目】

7:50  ホテルにお迎え

8:50  本部朝礼にて訓示

10:00  福岡店責会議参加

13:00 昼食

14:00 会長表彰・決済捺印

15:00 メディア取材

16:00 来期パンフレット取材

18:00 終了

高額決済書類に判を押す1日社長の鶴田社長 その額なんと!!!

店長会議にて自身の決意を示す 1日社長の鶴田さん

ついに1日社長当日!17代目の今年の社長は姫路店の鶴田周さんでした。

緊張の面持ちで、会議に参加した鶴田さん。会議では鶴田社長の訓示を頂きました。

20年間故郷の福岡を離れたことがなかった鶴田さん。

姫路という土地で仕事をできる自信は全くなかったとの事。しかし、プレリンピックを通して自分が変わっていくのが分かったと言います。姫路店のスタッフの姿勢に感化され全店の同期と競い合い、1カ月間モチベーションを切らすことなく走り続けました。

最後に全店の同期に向けて、「これからは自分たちが会社を盛り上げましょう!」と強く呼びかけました。その言葉に各店舗の店長・役員より大きな拍手が溢れました。

会長からの表彰や各部署視察、億単位の高額決済印捺印、高級店での会食等通常の新入社員では経験しえない貴重な経験を得ることができました。

この経験を通して大物になってほしいと、アプライド社員全員が願っています。

鶴田社長独占インタビュー

1.入社を決めた理由は

学生の時、働くならば毎日変化のある仕事がしたいと考えていました。内定をいくつか頂いてはいましたが、面接の時の先輩社員のお話や、仕事内容を聞いていて、自分に合った仕事だと思い、入社を決めました。

 

2.働いてみて考えが変わったことは

責任感についての考え方が特に変わりました。社会人として仕事をするうえで、学生の頃のアルバイト感覚ではいけないということです。アルバイトの時は、所詮アルバイトだからと仕事に手を抜いたりしていたこともありました。それが、実際に社会人になってみると、全くその通りにはいきません。「責任感を持って仕事をすること。」という考え方が変わった部分かと思います。

 

3.会社に入ってどんな成長ができたか

自分に自信を持つようになったことが一番の成長だと思います。営業活動をする中で、自信をもって接客に行くことや、話し方に自信を持つことができるようになりました。入社から180度中身が変わったと自分でも感じます。自分に自信を持つことが一番の成長だと思います。

 

4.どんな学生時代を経験されてましたか

今まで行ったことのないところに行きたくて海外旅行に数回行きました。特に刺激的だったのはアメリカを横断した経験です。日本では絶対に見ることができない景色や人を感じることができました。自分が絶対に見たことのないものを見ることが楽しくて、海外旅行に行っていました。

 

5.仕事の難しさを感じたことはどんな時

お客様の信頼を得ることです。接客の中で仲良く話せて行けることはいいことなのですが。自分の間違った行動一つで、お客様の信頼を失ってしまうことがありました。なので、お客様の信頼を得るということが難しかったかと思います。

 

6.仕事を通じて、実現したいことは

アプライドの中で今までになかった部署を立ち上げたいと思っています。まだこれという企画や案があるわけではないのですが、一から作り上げていきたいという気持ちは強くあります。それを見つけるためにも日々の営業活動に真剣に取り組んでいます。

 

7.1日社長を終えて

普段できない経験をさせていただけた事、店舗での営業活動とは違う仕事をすることができ、とても貴重な経験ができました。

1日社長になるということは、私の同期の顔となる存在だと実感します。来年の新人の皆さんには、尊敬できる先輩になり、模範となれるように日々努力をしていきたいと思っています。

さりげなく取り出した名刺には「1日社長」の文字が光ります!