自己研鑚「読書会」
未来の幹部候補生として
若手から読書の習慣を

アプライドグループには未来の幹部候補生として、育っていただくため、様々な面から自己研鑚に役立つ「読書」に一年間真剣に取り組んでみよう!という企画があります。

その名も【読書会】入社2年目の社員が対象です。
役員や幹部社員から毎月課題図書が設定され、その感想文を既定の期日まで提出して頂くことがルールです。

この【読書会】は、役員からの期待でもあり『大きく成長してもらいたい。』という想いから始まりました。感想文が届くたびに2000円分の図書カードを贈呈されるので、日頃の仕事に加え自らの時間を使い成長しようとする方々には、更に自己成長のチャンスが与えられます。

就業時間に読書をするわけではないので、参加は自由です。

しかし、毎月提示される課題図書には、幹部社員の想いが込められています。その熱い想いは、読書を通しても伝えられ、アプライドのDNAは受け継がれています。

また苦労して読んだ本は1度だけでなく何度も何度も読み返し自らの血肉に変え、理解を深める機会を読書には得ることができます。

自己成長のカギを手に入れた貪欲な若手社員は、年間の課題図書のみならず、読書の習慣を手に入れ大きく成長しています。