Web制作の強い味方
【APG.DC推進部】
濱田課長の一日

アプライドグループには、様々な部署があります。店舗・卸・外販・通販・貿易・総務・経理・商品・販促・工場・出版等、実に多彩です。

今回は、その中でも特に重要なセクションにある、APG.DC推進部のご紹介です。

APG.DCとは?、アプライドグループ・デジタルコンサルティングの略です。グループ全体のデジタルに関わることを業務とし、より効率的な運営を行います。主たる業務はWebサイトの制作及び運用保守です。業務範囲も多岐に渡り、グループ内のサイトだけでなく、大学官公庁を始めとした各法人様のサイトのお手伝いをさせて頂いております。

本日は、そんなデジタルの申し子、濱田課長の一日に迫りたいと思います。

濱田 健太郎

鹿児島大学大学院 人文社会科学研究学科卒

2007年入社 APG.DC推進部 課長

8:30~出社

朝一、出社したら各作業タスクを確認。今日も社内外から本当に様々な依頼が濱田課長のもとには集約されます。

「バナー」を設置して欲しい。このサイトの更新を。新たなキャンペーンのサイト制作。中には、これは一体なんのことだろう?というようなものまで、、、

詳細の確認が必要なものは先方にご連絡をし、内容を確認します。

 

9:00~指示・割り振り

スタッフが出社したら、作業タスクを考えて割り振ります。現在、弊社が保守を承っているサイトだけでも600件以上、一人一人の特性を十分把握していなければ務まらない業務です。もちろん、納期が最重要。決して遅れることなく納品まで進めていくには、バランス感覚が必要です。

9:30~製作

業務の割り振りが終わったら、自らも制作に取り掛かります。最終のチェックが主な業務になりますが、自身の手で進めることもあります。

 

12:00~昼休憩

お昼になったら、課員とよく食事に行きます。

どうしても、業務中に座ってモクモクと作業する部署なだけに、コミュニケーションの不足が生まれる事の無いよう大事にしています。

14:00~商談

特には、直接大学の研究室にお伺いして、詳しいお話をさせて頂いたり、自社だけでは難しい案件の協力企業様と商談もさせて頂きます。

革新的なアイデアが常にでてくる業界ですので、いろんな関係者の皆様とお話をすることは、自らをupdateする上で大変重要です。

15:00~進捗確認

課員にお願いしている作業の進捗確認は随時しているものの再度確認することで漏れを防ぎます。追いついていない部分は人的パワーを集中させ、一気に巻き返します。

18:00~退社

家族の待つ自宅に戻り、過ごす時間は何より大切だと感じています。

 

グループ内に数多くあるサイトに加え、社外のお客様とのやり取りを一気に引き受ける濱田課長の能力があってこそのAPG.DC推進部。

チームで仕事をすることを大切に、人当たりの良さを武器に、その活躍の場は、まだまだ広がり続けています。