新設事業部を牽引する。
でっかいリーダーを
クローズアップ‼

令和元年10月1日 株式会社シティ情報ふくおかにて、デジタル推進部が新設されました。
新設の部門長に任命されたのは、2001年入社 広島経済大学卒 香川部長

グループ全体の採用担当も兼任される手腕は、いかほどか?伺ってみたいと思います。

まず、この事業部の役割を教えてください。

㈱シティ情報ふくおかは40年以上にわたり、福岡にお住いの皆様へ月刊誌を主たる媒体として提供させて頂いてきたローカルコンテンツメーカーです。しかし、紙媒体の役割は日々変化が加速しており、長い歴史を持つ媒体社としてだけでは、激変する世の中で更なる成長を果たすことは出来ません。そこで、㈱シティ情報ふくおかの、新たな成長の芽として、電子メディアを急速に育てるべく新設致しました。
また、いち部署として囚われることなく部門の垣根を超え、グループ全体におけるWebの活用を、推進していく部署となります。

これまでのお仕事の経験と活かせそうなところは?

アプライド㈱の店舗で店長、マネージャー、副部長を経て、複数店舗を管轄しながら、同時期にグループ全体の新卒採用担当として任命頂きました。直近の2年間においては、経験させて頂いた採用活動を通じ、Webの重要性を身をもって知ることが出来た期間だと思います。その中で自分自身が、採用サイトの記事制作及び運用を行いました。この経験は、グループ全体の動きを知ることにも繋がり、全部署との連携を持てた結果が、現在の職務に大きく係わっています。

今後どのような目標を掲げていますか?

まずは、㈱シティ情報ふくおかが、運営する【FUKUOKA-NAVI】の100万PV/月を本年度中に達成。更に来期中に300万PV/月を達成するとともに、同社が運営するWebサイトを通じて500万PV/月を超え、福岡のローカルコンテンツメーカーとして圧倒的なシェアを確立させます。
グループ全体では、アプライド㈱、㈱ハウズと共に1000万PV/月の目標を掲げ、未来事業の要となる活動を加速していきます。

学生の皆さんへメッセージをお願いします。

「働く」とは、「人を動かす」と書きますが、大事なことは「自分が動く」ことです。就職活動を通じて、判らないこと・知らなかったことが沢山出てくると思います。それは、社会に出てからも同様で、激変する現代の社会情勢の中では、同じこと(知っていること)だけを繰り返して自らのポジションが上がったり、自身の成長に繋がることはありません。そもそも、その仕事は面白くないと感じるのではないでしょうか?
仕事をオモシロイと感じたり・やる気になる仕事というのは、自ら【工夫】することで、以前より改善が図れたときだと感じます。
『判らないことがある。』『知らないことがある。』それは、自身の成長できる幅(可能性)です。
どんな分野、職種、職業においても挑戦する人‼ 心から応援します。