サポート制度

この制度は、二年目までの社員を対象に、自ら指導員を選択し、社員のスキル向上を図るものです。仕事に対する考え方やスキルを先輩社員から学び実践することで、社会人
としてのレベルを上げることができます。同じ道を通った先輩社員だからこそ、的確なアドバイスやひとつ上の目線での考え方を学ぶことができます。
もちろん、仕事の話だけでなく、プライベートでの悩みを相談することができることも、
社会の生活を楽しく過ごす上で、重要です。

指導する側の社員も部下を育てるやり方や伝え方を学ぶことにも繋がります。目標を設定し、それをやり遂げた時の成功体験を共有させる。
この経験をどれだけ多く積ませることができるかが先輩社員には求められます。部下の教育と先輩社員の指導力の向上、
この二つが伸びることは、アプライドが成長するために、欠かせないものです。